Message
2011年10月13日(木) ひっかいておとだせ
IMG_3033.jpg 640×480 88K
近頃、よく音楽を聴くようになった。

ここ10年ぐらい、本当、音楽聴いてなかった。

聴いてなかったというのは、仕事を離れてって言う意味です。

熊本に引っ越してから、何故かレコード熱に火がついた。

昔から、CDの音よりも、豊かで落ち着くなあってなんとなく思っていたのが、エスカレートしていった。


すると、いい針が欲しくなった。

いい針が手に入ると、いいアンプが欲しくなった。

いいアンプが手に入ると、いいスピーカーが欲しくなる。

いいスピーカーが手に入ると、もっといい針が欲しくなる・・・最初に戻る。


かくして、人はオーディオ地獄へと引きずり込まれる。

私も、MC型のカートリッジを手に入れて、昇圧トランスにまで、手が伸びた段階で、まてまてまてと、ストッパーがかかった。

それぐらいにしておきなさい。と、内なる声が聞こえた。

はい。


スピーカーはもう20年近く同じものを使っていたので、無理して新品を買った。

アンプは、1981年物の、SANSUI AU-D907F Extra。

当時の発売価格、17万超。

オークションで、1万とんで500円。

もちろん、そこかしこに、不具合がある。

届いたその日に分解。

基盤洗浄、接点復活。スイッチ修理。


カビ、汚れ、メッキ磨き。


ガリもなくなり、温かく、懐の深い、アナログな音を響かせてくれた。


音は、空気の振動、波である。

その振動を、振動のまま、塩化ビニールの盤に刻み込む。

そして、今度はダイヤモンドの針で、振動として拾い上げ、電気信号に変換し、増幅し、スピーカーへと橋渡す。

アナログとは、連続した情報だ。1センチの半分の半分の半分の半分の・・・・・・この世界のありふれた日常に横たわる、ミクロの無限を内包している。

もちろん、情報伝達の間に、劣化する。

でも、それは、意図的なものではなく、自然な、凸凹のとりこぼしだ。



一方、僕らの日常のほとんどを占める、デジタル情報。

振動であるはずの音を、ある時点で、0と、1の2進法のレシピに移し替える。


どんなに細かく分けようとも、0、と1との間には、隙間がj生じる。

それは、意図を持った、等間隔の省略だ。ここからさきは、意識で認識できないのでいりませんよねって言う合意に基づく。

それは、劣化じゃない。

変容。組み替え。と呼ぶべきものだろう。



きっと、感性は意識の外側にまでしっかりと広がっているのだろう。

わからないだろうと思っていた、0と、1の間の隙間を、僕らは感じている。


でなきゃ、このレコードの気持ちよさ、説明できない。

ようやく地面に足が着いたような。

きれいに整地された、都市計画地域から、故郷の山道に帰ってきたような。


この夏レコードで聴いたものを上げると。

モーツァルト、タンジェリンドリーム、ピンクフロイド、イエス、トト、荒井由美、バルトーク、ジョルジュ・リゲティ、2001年宇宙の旅、中島みゆき、プロコフィエフ、ヨハンシュトラウス、さだまさし、キングクリムゾン、ジェネシス、イーグルス、ワイセンベルクのショパン、イツァーク・パールマンのパガニーニ、大滝詠一、エクソシスト、ラヴェル、スクリャービン、ダークダックス、グールドのブラームス、チューリップ、ドナルドフェイゲン、佐野元春、オーリアンズ、バートバカラック、メンデルスゾーン、ホルスト、エドムンドロス楽団、パピヨン、大貫妙子、クイーン、エルトンジョン、コダーイ無伴奏チェロ、バッハ、ベートーベン、シューマン、キャンディーズ、ピンクレディ、ウルトラセブン、レベッカ、井上陽水、アンドレカンドレ、オフコース、ラフマニノフ、ドビュッシー、ストラヴィンスキー、アート・ブレイキーのアフリカンビート・・・


ここ十年の間に乾ききった心の水瓶に、必死で地下水を貯めるように。


クラシックが増えたなあ。黒人もの減ったなあ。


さてと、デモテープつうくろっと。

パソコン立ち上げて、と、パフォーマー立ち上げてっと。

おいっ!!

おもいっきし、デジタルまみれじゃん。


今日の一曲
第3病棟 さだまさし

2011年09月27日(火) ブラジル映画祭
 角さんから、来たメールです。

 シッコシャビエルの、自動書記によるメッセージです。

「我らの住処」という、これも自動書記によって書かれた小説(というかドキュメント)が映画化され、日本での上映が決定しました。

 この世を去ったばかりの所謂普通の人が、どんな状況におかれるのかが、リアルに語られています。

 興味のある方は、是非とも!!

-------<光のメール>VOL.277------[2011.9.25]------
--------------------------------------------------
<微笑み>
どこにいようが、どこへ行こうが、
あなたの魂から贈られる微笑みを絶やさないように。
微笑みは悪を無力化する働きであり、
発音されない祈りのようなもので、
闇の拡大を阻止します。
微笑みを通じて希望をより広く植え付け、
陰に落ちた涙を乾かし、
光をとり戻すことができるのです。
家の中では信頼の暖炉の中にともる、平和の祝福です。
職場においては、協力を促す静かなメロディーです。
社会において、それは同情を呼ぶことになります。
困難に対して微笑めば、
困難はあなたの人生における救済となります。
あなたの目に涙の雨を降らす雲であっても、
その雲に向かって微笑めば、
その涙は天からの慰安となり、
あなたの心を豊かにしてくれるでしょう。
あなたの運命を追いかける
様々な苦しみに対して、
途方に暮れて救済を求めるのではなく、
愛に満ちた微笑みを求めてください。
痛々しい道のりを進むための
新たな力を求めるのです。
もし誰かがあなたに助けを求めるのであれば、
何よりも優しい微笑みと理解を与え、
隠れた傷を癒やしてあげてください。
暴力や犯罪によっておごる人たちを
非難するのではなく、寛大な兄弟愛の微笑みを与え、
継続的に助けを届けてください。そうすれば、
彼らは改まり、善の道のりへともどってくるでしょう。
いつも働き、学び、助け合い、
愛し合いながら微笑んでください。
微笑みは慈善から毎朝もたらされる夜露であり、
天に昇る新しい日は、神の微笑みなのです。

Meimei / Francisco Candido Xavier
-----------------------------------------------
ブラジル映画「この世の先に」が上映されます。
人生は一度ではなく、魂は永遠に進歩して行く
ことを伝える他界した医師アンドレの物語です。

詳しくは:
http://2011.cinemabrasil.info/
ぜひご覧ください。
-----------------------------------------------

2011年07月21日(木) Say good-bye to Tokyo
IMG_1712.jpg 640×480 66K
7月16日の池袋での追い出しライブ来ていただいた方、どうもありがとうございました。

熊本に移り住んで3ヶ月、もう追い出しって気分でもないよなあと思っていたのにもかかわらず、まだ、俺は追い出されていなかったんだ、と、この日のライブが終わった後、強く感じました。

それぐらい、東京での28年間が走馬灯したライブでした。

出てくれた多くのゲストの皆さん、あんがとね。

立教の軽音の仲間に囲まれて、セッションした時は、ホントに時がキューッと逆回転したような気持ちになりました。

おじゃ丸。店を休んで、駆けつけてくれた。「冬の稲妻」と、衰えないエネルギッシュな歌をありがとう。また店行くから。
http://cafebunmei.exblog.jp/i3/

宮坂。当日に突然呼び出したのにもかかわらず快く引き受けて、サックス持ってきてくれた。

やすお。田中康夫のものまねを一年の新歓コンパでやって以来この呼び名。裕之っていう立派な名前があんのに。

同学年のピアノ、やすおに関しては、まったく知らなかっただけに、ホントに驚いた。

数年前、本当に瀕死の事故にあって、意識が戻ることことまずあり得ないって言われていて、そこから生還してから、ピアノを弾く姿を見ていなかったので、それも相まって、ステージの上が、夢みたいにふわふわした。

曲は「ニューヨークの想い」。

下積み時代のビリージョエルが、ロスの酒場でピアノの弾き語りをしていた頃、生まれ故郷のニューヨークへの郷愁を、綴った歌。

「僕の心はもうすでにニューヨークにあるんだ。」

偶然だったけど、主旨にぴったし。

バカなことっから順番にやっていたあの学生時代の血が蘇ってきた。

それから、日本フィルのカルテット。

田村さん、大貫さん、中川さん、久保さん。

お忙しい所本当にありがとうございました。

アンコールで、急に倉橋君が登場して、「ここからしばし100回目のポストマンライブとなります」と宣言。

それで、出てきてくれた4人。

朝花と、手紙を、ぶっつけで、演奏してくれた。

これは、見に来てくれたお客さんにとって最高のプレゼントになったんじゃないでしょうか。

テレビなんかで見る弦とのセッションよりも、しっかりとその包み込むような存在感を感じていただけたんじゃないでしょうか。

僕も、背中に和音の風を受けながら、夢見心地で。

その他、会場には、定例常連組の皆さん、初めての皆さん、昔世話になった方々、まるで、ホセ戦のジョーの試合の観客席みたいでした。

書ききれないので、

最後に、アンコールでやったこれまたビリージョエルの「さよならハリウッド」の日本語替え歌の歌詞を載っけて、感謝の言葉に代えさせていただきます。

何度でもいいます。

みんな本当にありがとう。

今日の一曲
Say Goog-bye To Tokyo


引っ越しの準備をしてたら 見つけた 古びた学生証
19歳の春 初めて憶えた通りは 目白通り

Say Good-bye to Tokyo
Say Good-bye my baby
Say Good-bye to Tokyo
Say Good-bye my 練馬

世話んなった人たちに迷惑ばっかかけてた20代
夜中の池袋で叫んだ「桃、桃はいかがっすか〜」

Say Good-bye to Tokyo
Say Good-bye my baby
Say Good-bye to Tokyo
Say Good-bye my 300B

夢が仕事になったからって 物語は終わらない まだ続いてる
愛する誰かの夢輝かせてゆくのが これからの僕の夢

まわるまわるよ地球は泣きたくなるような時も
そんな思いを歌にしたら君が笑ってくれた 

Say Good-bye to Tokyo
Say Good-bye my baby
Say Good-bye to Tokyo
またくんね 桜上水

夢が仕事になったからって 物語は終わらない まだ続いてる
ここにいるみんなの夢輝かせてゆくのが これからの僕の夢

羽田に向かうレインボーブリッジの上 振り向けば摩天楼
愛着なんてないと思ってた景色に やさしく抱かれた 

Say Good-bye to Tokyo
Say Good-bye my memories
Say Good-bye to Tokyo
ARIGATO! Tokyo



Archives 200303 05 06 07 08 09 10 11 12 
200401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 05 06 07 09 10