Message
2010年09月22日(水) ゆく夏
IMG_1589.jpg 640×480 111K
夏が、ゆきますね。

まだ暑いですけど。

今年の思い出の屋久島の写真とともに、

聖書に載っていない、イエスの言葉をどうぞ。クリスチャンでもなんでもないあなたに。クリスチャンでもなんでもない私から。

自動書記霊媒シッコシャビエルによる、指導霊エマニュエルのメッセージです。

長く書かなきゃ行けないって言う、思い込みによって、更新が滞っているという自己分析のもと、

あんまり深く考えないことにしました。


<答え>

ある男が、ある日、キリストの前にたどり着き、キリスト
に向かって叫んだ。

「主よ、地上の迷宮から抜け出すにはどうすればよいので
すか。全てが闇です。悪意や無関心、憎しみや苦労が人々
を支配し、闇の海の中で争っているようにしか見えません。
主よ、私の解放を約束してくれる道はどこにあるのですか。」

苦しむ男をイエスはなだめながら、優しく言った。

「息子よ。あなたが自分に光を灯すことを遮ることは誰にも
できないのですよ。」

(A resposta) Emmanuel / F.C.Xavier

スピリティズムのページより。
http://www.spiritism.jp/jpn/jpnovo.html

今日の一曲
夏の陽 山下達郎


2010年09月24日(金) 知床帯広ポストマン
IMG_1694.jpg 640×480 74K
久々、というか、ポストマンライブの最北端、最東端同時更新でありました。

4月に札幌で、つながりフェスタというイベントを通じて知り合った、はやしかわさんというご住職。

知床の斜里という町で、秀岳寺というお寺の住職であり、介護施設の経営者でもある。

元々、大分の中津にほど近い、福岡のご出身で、色んな巡り合わせでこの斜里の町のお寺の跡目を継ぐことになったそう。

この、秀岳寺は、今年丁度100年目で、このお寺を作った方が、発見された文献を辿ると、大分の中津出身の僧侶だったということがわかった。

中津は、ご自分の故郷と行っていい場所。

この北海道の最果ての地に、同じように九州からたどり着いた先達。

これは、運命だな、と、感じられたそうです。

ぼくも、九州で、こんなにも北海道に縁がある。今日は1/6をやろう。

大柄で、温かな後ろ姿が別宮さんを思い出させる。お子さんが6人。

場所は、御本尊様がある、本堂。金色のお釈迦様をバックに畳の間でやらせていただきました。

数あるポストマンの中でも初めての体験でした。

手紙も、1/6も、しっかり届けさせていただきました。

夜、住職に連れて行ってもらった居酒屋さんで見つけた「知床フレンチ」というメニュウ。

全く想像ができないままに、頼んだら、お造りのお皿に乗って出て来た赤黒く、不気味なお姿、

住職に聞いても「まあ、あんまり深く知らない方がいいでしょう」というコメント。

気になる。

ツイッターで全国に向けて発信しても、

「樋口さん、実物は見ない方がいいです。」

と、謎は深まるばかり。

今、見た。

ミミズの仲間、正式名称「ユムシ」

うん!よかった!!食べてる際中じゃなくって。

http://homepage3.nifty.com/plus1surf/13akdemi_yumusi3.html

年も、出身も近いご住職さんと、仏教の話、人生の話、巡り合わせの話、久々にじっくりとこんな話題で、深まった気がします。

やっぱり、お坊さんて、「相談したいオーラ」って言うのが出てる気がする。

身の上話に花が咲いた夜でした。


今日の一曲 知床旅情 MORISHIGE

Archives 200303 05 06 07 08 09 10 11 12 
200401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 05 06 07 09 10